補修をするメリットとデメリットについて。

補修について

今回は補修をするメリットとデメリットについて書きたいと思います。

補修をするメリット

例えば床の場合、張り替えだと時間と費用が補修と比べてかかります。
床のへこみ補修の場合、1日で終わる作業であれば2万から3万が相場です。
張り替えとなると、おおよそ6万から15万(6畳)くらいかかります。工期も1日から2日かかる場合もあります。(あくまで目安です。)

張り替えの場合は老朽化によって破損状況が酷い場合に選択として考えられます。
あまりに破損状態が酷いと補修出来ない場合もあります。

部分補修ですむ場合は早くて数時間で終われます。
破損状況が酷くない場合は費用も時間も抑えられる補修が良いと思います。

また大がかりな工事は、騒音や作業中に他の場所に傷がつく場合も考えられます。

他には部材がもう製造されていなくて、交換が難しい場合もあります。

そういった場合に補修はおすすめの作業方法です。

  • 1.時間短縮できる
  • 2.費用が抑えられる
  • 3.大がかりな工事にならない
  • 4.交換が出来ない場合にも対応できる

補修をするデメリット

逆にデメリットは補修はあくまで補修ということです。
あくまで補修であり新品とは違います。

一見わからないように直していますが、もとの素材とは別の物を埋め着色している状態です。
よく歩く場所や直射日光が強く当たる場所など環境によって変色したり劣化する場合もあります。

逆にあまり触らないところや日陰の所は劣化も少ない場合が多いです。

なので完璧を求める方は交換がいいと思います。

  • 1.あくまで補修であって新品ではない

以上をふまえて、交換か補修にするか参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました